ネットゼロエネルギー住宅(ZEH)

消費エネルギーよりも創るエネルギーが多い住まい

プライムホームのネットゼロエネルギー住宅(ZEH)

Placeholder image

年々実感として感じることの多い「異常気象」
その原因と言われているのが地球温暖化ガスです。
その排出量削減が日本だけでなく世界的な課題として叫ばれているのが現状です。

住宅業界も、消費エネルギー(使うエネルギー)よりも、太陽光発電などで自家で創るエネルギー量の方が多い住宅を標準にする動きが進んでおります。
この消費エネルギーよりも創るエネルギーが多い住まいを Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)総称してZEH(ゼッチ)と呼びます。

※ZEHの詳細・・・
Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略。
住まいの断熱性能・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

日本政府は2020年までに、新築住宅の標準化を目指す方針を示しています。プライムホームの住まいは、国内最高レベルの吹付断熱材・省エネ効果抜群のトリプルガラスを採用など、もともとが高気密・高断熱で家の燃費性能を重視した家造りを重視して来ました。
またお客様の希望でゼロエネルギーを実現する太陽光発電も数多く施工して来た実績もありますので、最初からZEHの家とも呼べます。

プライムホームの2020年までのZEH住宅普及目標

プライムホームの2020年までのZEH住宅普及目標

プライムホームでは、2020年までに施工する住まいの半数はZEH住宅とする普及目標計画を立てております。

2016年(H28年) 目標 10%  実績 42%
2017年(H29年) 目標 20%
2018年(H30年) 目標 30%
2019年(H31年) 目標 40%
2020年(H32年) 目標 50%

お気軽にお問合せ下さい
tel 029-303-5943

メールで問い合わせる